ほぺろうの自閉症マンガ

自閉症と知的障害を合わせ持つ息子ほぺろう(2015年生)の育児ブログです。障害児育児を通したほぺろうの成長を母(ぼさ子)目線で漫画にしています。

カテゴリ: ほぺろう 0歳

消去してしまったこぼれ話。忘れないうちにブログに綴ります。参考 ↓ ↓ 前回のお話 ウチのぺー太、こういうのしょっちゅうある!!「平日にしか出来ない用事を済ませられるまたと無いチャンス!!」と思って勇んでマイカーに乗ったら…ぺー太の天然にしてやられました。結 ...
続きを読む

↓ 前回のお話 違う看護師さんに言ったらすぐ助けてくれたよー(ToT)この時は辛かったしほぺろうと親子共倒れになるかと思ったけど時が経つとただの笑い話になるから不思議。ここで得た教訓はきっと障害育児にも言える!!…とオチをつけておこう。↓ 続き にほんブログ村 自 ...
続きを読む

間違ってスマホから削除してしまったこぼれ話です。参考 ↓ ↓ 前回のお話 感染するヤツだったら困るのは分かるけどだからこそ助けて欲しかったー(ToT)(ちなみに下痢や嘔吐はありませんでした)隔離を命じられてもほぺろうのお世話があるので閉じこもりっきりは不可能だし(私 ...
続きを読む

やっちまった…!!もうどこをどういじっても復元しない私の大切な思い出…バックアップもしていなかったという愚かな私(ToT)出産~生後9か月のくだりが消えてしまったのですが、病歴のことだけじゃなくてほぺろうが生まれた時の感激とか成長とともにあれが嬉しかったとか楽 ...
続きを読む

前回の続きです。参考 ↓ 生後3か月では判断しかねるとしても、髄膜炎治療が終わった時に脳への影響について確認するべきでした。これを確認しなかったせいで、『ほぺろうの障害と髄膜炎は関係ない』と言いきることが出来ず「もし障害と髄膜炎が関係してるならその原因は私が ...
続きを読む

↓ 前回のお話 初日に「脳波は異常なし」と聞いていたけど入院中も高熱は続いていました。『髄膜炎が進むと脳障害が残ることもある』ということをもっと気にしていれば、そのことを医師にきちんと確認していただろうと思います。参考 ↓ しかし当時の私は 「髄膜炎の治療が ...
続きを読む

↓ 前回のお話 検査の結果、脳波に異常は見られなかったものの右の腎臓が炎症していた為ほぺろうは抗生剤の点滴治療で入院することに。高熱で苦しみながらもあらゆる検査や緊急搬送を耐え抜いて本当によく頑張りました。病室のベッドに運ばれると手には点滴・お腹や足に沢山 ...
続きを読む

↓ 前回のお話 尿路感染から髄膜炎を発症していました。ほぺろうの異変に気付いてからすぐさま病院へ連れて行きましたが、おそらく一時期熱が40度越えしてたと思います。『赤ちゃんは生まれてくる時お母さんの抗体を譲り受ける為生後6か月頃までは病気になりにくい』(↑絶対 ...
続きを読む

ほぺろう生後3か月、私が一生後悔するであろう受難が訪れます。↓ 前回のお話 完全に私の責任としか言いようがない。「もっと頻繁にオムツ替えしてたなら…」「ウンチはお尻拭きじゃなくて毎回シャワーで洗ってたなら…」尿路感染は赤ちゃん個人の体質の差もあるのでなりやす ...
続きを読む

爆泣(ばくきゅう)の一ヶ月検診が終わり、私とほぺろうはぺー太の待つ新たな転勤先に向かいました。↓ 前回のお話 (*7/26追記 : 調べてみたところ、最近は紙オムツが優秀なので排泄を知らせなくても感覚が鈍いわけではありませんし障害のサインと言えるものではありません) ...
続きを読む

出産後やっと自宅に帰れたのも束の間 、ぺー太の転勤が決まり新生児のほぺろうと私は実家に避難することになりました。↓ 前回のお話 もと住んでいた北海道帯広市から車で4時間程の距離にある私の実家。ほぺろうは実家の地域にある病院で一ヶ月検診を受けました。検診始まっ ...
続きを読む

ほぺろうの生い立ちや障害には直接関係ないですが、思い出として綴ります。前回の記事 ↓ もともと転勤族で、会社命令も仕方ないと今までは思っていましたが子どもが生まれると事情は変わる!!!!新生児の期間(出産後約一ヶ月)は赤ちゃんは免疫力も弱く外出なども控える様 ...
続きを読む

↓ 前回(胎児編)の続きです。 苦難の胎児時代を乗り越えてようやく生まれたのに…出産後数日で母子一緒に退院できるはずだったのに大きな点滴針を刺された我が子を残して一時退院する無念さ…ほぺろうに母乳を搾って持っていってあげたいのに全然出ない情けなさ…問題なく生 ...
続きを読む