↓ 前回のお話




A30E1CF8-9F08-45C0-A8FD-2AC9C7733BC0
65C34DE9-A874-4C0B-91C0-F190A2DA4CE2

ぺー太もエスパーではないので
『察してくれ』
と言う方が無理な話で、
まぁこういう反応されても
当然なのかも(^_^;) 
(もちろん
「死んでも後悔しない」なんて
本心ではありません)




ぺー太は「助けて」と言われれば
助けてくれたはずですが、
私は
『母親だから』
『専業主婦だから』
という強迫観念があって
自分から「助けて」とは
言いにくかったです。 



そのせいもあって
ぺー太は私達が普段どんな風に
過ごしているか
ほとんど知らなかったと思います。



この時代は
夫婦ですれ違っていたし、
私は自分で自分の首を絞めていたなぁ~。
(今は「助けて」って言えるけどね(^^))



↓ 続き







↓ 過去漫画もアップしてます









にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング