ほぺろうの自閉症マンガ

自閉症と知的障害を合わせ持つ息子ほぺろう(2015年生)の育児ブログです。障害児育児を通したほぺろうの成長を母(ぼさ子)目線で漫画にしています。

2022年09月

↓ こちらからご覧頂けますLITALICO発達ナビ多動の自閉症息子、お出かけは危険がいっぱい!「迷子」「危険」「周りへの迷惑」は逆転の発想で問題解決!?…児童精神科医 三木先生に聞いてみた! よろしくお願いします(^^) ↓ 三木 崇弘先生ご紹介 ↓ いざという時は『界王 ...
続きを読む

↓ 前回のお話 今までは 例え注射じゃなくても無条件に泣き暴れていたほぺろう。母がガッチリホールドというのが相場だったんですが…すぐ横に母が居るにも関わらず甘えてこないなんて…!ほぺろうの中では「先生と約束したんだから頑張ろう!」っていう心の成長があったのか ...
続きを読む

↓ 前回のお話 いやもう、同じ年齢のお子さんと比べたら何のこっちゃなんですがほぺろうにとっては大きな変化で…「ほ…ほぺろうが…あの ほぺろうが自分で頑張ろうとしてる…」ってこの日は意外さの連続でした。(たまたまかもだけど)「いつの間に!?」って思うような成長っ ...
続きを読む

↓ 前回のお話 おそらく学校では健康診断の時に一人で座って頑張っているのかな?とは思うのですが、母が横にいても依存してこなかったのは初めてかも知れない…でもこの日は予防接種。さすがに注射はホールド必須だと思い私の自慢の腕を披露しようとした時、先生がストップ ...
続きを読む

↓ 前回のお話 この日たまたまかも知れませんが、固まりながらもお行儀よく?していたほぺろう。意外すぎる…「保育園や学校で教わってきた事がようやく出てきたんだなぁ…」と 初期設定?を上書きしていく姿にしみじみしていましたが、名前を呼ばれた時緊張のあまり勢い余っ ...
続きを読む

↓ 前回のお話 (『禁じられた遊び』って知ってますかね??)少し前は「予防接種だよ」と伝えると理解だけしているという状態だったのでとにかく泣き暴れでしたが、今回の様子を見ていると『やらなければいけないものだ』という納得までは出来ている気がしました。ただね、た ...
続きを読む

もう最後のコマ、ドナドナなんだかドリカムなんだか…先日ほぺろう、日本脳炎の追加接種に行ってきました。小一になってからコロナワクチンだの歯医者だのこの数ヶ月で乗り越えてきましたが、やっぱりいまだに病院系は苦手(というか号泣)なほぺろう。今回は、予防接種を通し ...
続きを読む

すくパラぷらすさんにて3話限定漫画の『第3話』公開になりました。 第3話『お母さんに出来ること』これにて完結です(^^)↓ こちらからご覧頂けます『それでも君を世界一幸せにしたいんだ』第3話(過去のお話なので、キャラクター紹介のほぺろうはまだ『発語なし』になていま ...
続きを読む

かかか感動どこ行った!?これが奇跡の一回でその後まったく「おかあさん」と言ってくれませんが、「ママ」じゃなくて「おかあさん」でインプットしてたんだなぁ~と確認できました。うんうん… とりあえず、事情はどうあれ パパママどちらが先に呼ばれるか合戦は母の勝利 ...
続きを読む

他にも背後霊・ストーカー・家政婦(は見た)・姑・小姑…とか呼ばれている。(悪口?)料理への興味がスゴ過ぎて、熱意を通り越して『圧』になってるほぺろう…↓ ◯◯と呼ばれるほぺろう ↓ 圧がスゴイほぺろう \ 最速で更新をお届けします /\ ランキング参加中 /更新の励 ...
続きを読む

↓ 前回のお話 ゾウのおかげで世界が広がったほぺろう。(調べたら、円山動物園のゾウは『アジアゾウ』なのでサバンナ関係なかった)発達クリニックの先生が仰っていた『(刺激を受ける為に)実物を見せてあげてください』を体現する事ができました。ほぺろう、良かったね。円山 ...
続きを読む

↓ 前回のお話 ようやく…ようやく『視覚』で刺激を受けたほぺろう。やっぱりゾウはインパクトあるゾウ。ほぺろうにとって こういう衝撃が感動って言うんだろうなぁ…↓ 続き ↓ 適切な声掛け ↓ 青天の霹靂 \ 最速で更新をお届けします /\ ランキング参加中 /更新の励み ...
続きを読む

↓ 前回のお話 ほぺろうがもっと小さい時(0~2歳頃…曖昧)動物園に来てゾウを見せていたのですが、その時は全然興味ナシ…というか、全く認識していなかったんだろうなぁ。それが小一になった今ようやく「絵本で見たことあるアイツが!」みたいな感じで食いついていました。 ...
続きを読む

↓ 前回のお話  なんにせよ、『今の』ほぺろうには難しかったか…と、ドンマイドンマイしてました。「とりあえず今回はお散歩して帰ろうか~」と気持ちを切り替えた時、突然 事態が変わりました。↓ 続き ↓ 中身は低年齢ほぺろう ↓ Yahoo!JAPANクリエイターズプログラム描 ...
続きを読む

↓ 前回のお話 五感を刺激して学習するにはうってつけの動物園!しかし ほぺろうは手強いんだなぁ…いっぱい動物がいるのに目もくれずズンズンズン… 今のところ、遠路はるばるやってきて散歩とソフトクリーム~♫って感じです。↓ 続き ↓ 興味ナッシングほぺろう \ 最速 ...
続きを読む

↓ 前回のお話 ほぺろうはまだ自分から動物を探す事をしないので一目見た瞬間に興味をそそるものが無ければ 「終了~」とばかりに去ってしまいます。 こうなると、親がいくら見せてあげようとしてももう我関せず。でもここは大きな動物園、この後 もう少しいろんな動物を見 ...
続きを読む

↓ 前回のお話 特に刺激を受けていない息子。置いていかれる母。言葉を促したいほぺろうにとっては発達クリニックの先生が仰っていた『五感を使って情報を得る』は本当に大切な事だな~と思っていて普段から意識はしてはいますが、とりわけ動物園って とてもいい刺激になる ...
続きを読む

↓ 前回のお話 よそ様から見たら「なんのこっちゃ」なんですが、こだわり・場所見知りの強いほぺろうには見えない結界があるのですよ…3年前結界を破った時はそれはもう大暴れでしたが、小一の今は難なく入園できた。しみじみ… 入れただけで既に大喜び家族。(まだ門をくぐ ...
続きを読む

(*こちらは夏休み前の出来事です)私には『我が子と動物園でアハハウフフしたい 』という夢があったんですけどまだイマイチ達成されず。でもめげずに再度大きな動物園にチャレンジしてみようと奮起しました。3歳の時 大号泣した動物園、小一のほぺろうはどんな反応になるや ...
続きを読む

↓ 前回のお話 *阪下千恵 著『火も包丁も使わない!はじめてのお料理BOOKごはん編』(『おかず編』もあります)トースターを扱ったり焼き立てトーストを出すところ以外はほぺろう一人で頑張りました。トースト部分は食べてませんでしたが(お料理の意味とは…)本人は真剣かつ楽 ...
続きを読む