ほぺろうは喋らない

自閉症と中度知的障害児をあわせ持つ息子の育児絵日記です。

カテゴリ: ヤサグレ時代

↓ 前回のお話 *『ヤサグレ時代』はほぺろう2~3歳頃のお話です。 私が落ち込んでいたからか、他の園の園長先生と話をしてくださった発達サポートの先生。この時の事を思い出すと本当に感謝しかない…!だけど、この時はまだ私はB園に行き渋っていました。(つづく)↓ 過去 ...

↓ 前回のお話  加配希望となると保育士の確保が難しく、やはり障害児家庭だと難しいという現実が突き刺さりました。以前の居住地で言われた『普通 働きに行けません』という言葉が正しく思えて障害児家庭は努力しても無駄なのかな…と落ち込んでいました。 (つづく)↓ 過 ...

↓ 前回のお話  発達障害児の加配希望…、ましてや ほぺろうの様子を目の当たりにしたからこそどう考えても『二人まとめて入園・就職OK〜』とはならないわ!この時の園庭開放訪問は、ほぺろうの癇癪っぷりと私の図々しさをアピールしただけで得られたものは絶対入園できない ...

↓ 前回のお話  急に出てくる保育士資格。「私を採用してほぺろうを入園させて」なんて無謀な提案最初は言うつもり無かったのに、なんかこの時は食い下がってしまいました。(つづく)↓ 過去漫画もアップしてます にほんブログ村自閉症児育児ランキング  ...

↓ 前回のお話 二次募集の希望をかけてA園に訪問しましたが、ほぺろうの錯乱っぷりに玄関すら上がれず…ぺー太にほぺろうを取り押さえてもらい、(ここで ぺー太が役に立った)なんとか園長先生に会わせてもらいました。(つづく)↓ 過去漫画もアップしてます にほんブログ村自 ...

↓ 前回のお話  『園庭開放に遊びに行ってそのついでに園長先生とお話しする…』くらいの気持ちで臨もうと思ったのですが、今後の人生を決めるお受験くらい緊張しました。ぺー太が有休取ってまでついてきたのは想定外。(しかも割とキチンとした格好だった)きっと 保育園の先 ...

↓ 前回のお話  (*保育園の入園を決めるのは各地域の役場なので園長が独断でどうにか出来るものではないのですが(^_^;))ほぺろうの癇癪が怖くて私は、一次募集前に保育園見学に行っていませんでした。やはり、一度も顔を見せていないよりは直接園長先生に会ってほぺろうの ...

↓ 前回のお話  保育園の一次募集、全滅でした。「やっぱりね…障害児が保育園なんて無理だったんだよ…」と諦めモード。でも我が家の生活の為に私は就職したかったので、またまた発達サポートの先生に泣きつきました。(つづく)↓ 過去漫画もアップしてます  にほんブログ ...

↓ 前回のお話 この当時、デイサービスの先生は保育園で過ごす事を想定して「朝の会」とか「いただきますの挨拶」とか保育園生活に近づけた内容でほぺろうに接してくれてました。ほぺろうは ほぼ泣き通しですんなりとは応じなかったと思いますが根気よく接してくださって感謝 ...

↓ 前回のお話  ガラスの靴じゃなくてただの長靴だけど…思わぬ身軽さに心は踊っていました。 でも、貴重な自由時間なのについ家事をやってしまう主婦の性(さが)!!(つづく)↓ 過去漫画もアップしてます にほんブログ村自閉症児育児ランキング  ...

↑このページのトップヘ