ほぺろうは喋らない

自閉症と中度知的障害児をあわせ持つ息子の育児絵日記です。

カテゴリ: 発達障害が判明するまで

『発達障害かも知れない…』という疑惑の時代のお話はここまででございます。今の発達サポートセンターに出会ってからとんとん拍子で発達クリニックを紹介してもらいほぺろうの診断を受けられるのですが、そこから私のヤサグレ時代が始まります(^_^;)(新章へつづく)↓ 過去漫 ...

転居先は福祉に力を入れている町だとは聞いていたのですが 、初めて発達サポートセンターに電話してからトントンと話を進めてくださって、利用計画を作成しセンターに療育通いできる様にしてくれました。こちらの発達サポートは、今ではほぺろうよりも私がお世話になってる! ...

引っ越しの片付けがあらかた済んだら、パンフレットに載ってた発達サポートセンターに速攻で電話しました。前の発達クリニックでの対応のトラウマでビクビクしながら電話しましたが、出てくれた女性の声が優しくてホッとしたのを覚えています。 基本的な質問と訪問する日時 ...

26話目にしてようやく ぺー太登場。…だけど、申し訳ないことに本当に大変だった時期はぺー太に関する記憶が無いです。 頼れる人は誰もいなくて私の世界はほぺろうと二人っきり。どんどん生きてる価値が分からなくなっていく 日々でした。そんな中、引越しの準備をしている ...

やめときゃいいのに当時は必死だったので無理矢理 調査結果を聞きに行きました。そんな私達親子が気に入らなかったのか、クリニックでは調査報告も無しに「あーもう、検査しなくたってわかる。こんなの自閉症だわ!」と言い捨てられるだけでした。時が経って、優しく親身にな ...

聞き取り調査の結果を話すという日は平日なのでぺー太に預けることも出来ませんでした。…と言うか、「その日に子どもを置いて来られないならもう諦めろ」なんて、もう来院拒否丸出しとしか思えない。ちなみに、現在は全く違う発達クリニックに通院しているのですが「泣き騒 ...

確かにほぺろうは周りにご迷惑かける程爆泣(ばくきゅう)していた。だけど、それが悩みだから行った発達クリニックなのに拒否的な対応。ほぺろうの検査は不可能だったので保護者への聞き取り調査をやってくれましたが明らかに嫌々な態度でした。だけど この時の私は発達クリニ ...

この時 ほぺろうは2歳10ヶ月。あまりの手の付けられなさに「もう これは普通とは言えないのかも…」と ようやく腹をくくりました。発達クリニックを調べるとちょうど近所にありまして、「発達クリニックって予約取れるのに半年以上かかるって聞いたことあるな」と思いながら ...

他にも1、お母さんの耳を触らないと眠れない 2、お母さんの髪をむしるがあります。↓ 参考 毎晩1、2、3、の合わせ技なのでツライ。 レム睡眠の時に顔に乗っかられると、体は覚醒してないので抵抗できない。窒息死のカウントダウン。 5歳の今でも時々やられるのですが、(窒 ...

↓ 1歳当時の四コマ漫画の様子。 眠りが浅い時は『耳触り』、 眠りが深い時は『追い出し』で大忙し。  耳触りは5歳の今でもやってきます。(加減はしてくれる様になった)1~2歳の当時は、耳(傷の部分)を触り続けられるのも辛かったですが髪をむしられることが、痛いだけじ ...

↑このページのトップヘ