前回の続きです。



参考 ↓






24233D01-C200-4ACE-896F-11267EEEDB72
BC03EEC8-4902-443B-9011-5CE6C8706395


「ぺー太も一緒だし~」とは
思っていたものの、
いつ ほぺろうが癇癪起こすか
分からないのに
油断していました。



「しまった!
ほぺろう どこだ!?」
と焦って探したら、
ほぺろうは ご近所さんの隣に座って
楽しそう。



人見知りも場所見知りもせずに
リラックスして この場を楽しんでいることが
私にとっては意外でビックリしました。




でも
障害のあるほぺろうを
きちんと管理せず
油断してしまったことを
「すみません…」
とお詫びすると



「それなのよ!!」
と ご近所さんのお言葉が…。



↓ 続き





↓ 過去漫画もアップしてます。
 
スポンサードリンク